初めて電気工事をされる方

電気工事の専門的知識や資格は入社後に仕の中で学ぶことができ、技術も毎日の仕事の中で自然と覚えていきますので、これまでの経験や学歴にこだわることなく、未経験でもやる気がある方を積極的に採用しています。資格は入社後でOK、技術は当社で学んでください

仕事はOJTで覚える

現在、活躍されている電気工事士の方のほとんどが、「電気学科」「電気専門学校」など特別な知識や学歴であらかじめ備えていたわけではなく、仕事を始めてから資格を取り技術を覚えています。日常の業務で経験を積みながらスキルアップしますので、全くの未経験でも手に職をつけていくことが出来ます

具体的には・・・・

・作業補助からスタート

仕事を覚えて施工が出来るまでは、先輩工事者に同行して「補助作業」を行いながら仕事に慣れていきます。(補助作業というのは実際に工具を使って行う施工以外の準備や片付けを言います)

ワンポイント

技術は自然に身につきますので、「技術を覚える」という意識をもって仕事をせずに、仕事の目的である「お客様へのサービス提供」を第一に考えて、自分の役割を確実に果たすことがスキルアップの近道です。

・技術研修

必要に応じてメーカや得意先が開催する技術研修に参加します。社内ではオリエンテーションで情報交換をし、基礎的技術の練習を積み重ねていき、一定の経験と技術が身についてきましたら、先輩工事者のサポートをうけながら、実際に現場で作業する「主工事者」としての経験を積んでいきます。

第2種電気工事士免許について

技術があっても資格が無ければ現場で実務が出来ませんので、当社の仕事では第2種電気工事士の免状は必須となっています。

入社時に資格が無い方でも働きながら取得することが出来ますが、現場での実務が出来ないと待遇面が変わりますので、いち早く取得するために応募を決めたときから勉強を始めてください。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー