電気工事で独立を目指す!

キョーテックスで施工スタッフとして働くことで「一生もの」ともいえる技術や知識が身につき、DIYが得意になるだけでなく、「独立」「起業」を目指すことも可能になります。必ずしも独立を目標とするわけではないですが、当業界で長く働くためには知っておいても損はないと思います。

要件1:技術

電気工事は始めるためには、まず「第2種電気工事士」の免許を取得する

電気工事士として技術、知識のスキルを上げていくには現場での経験が不可欠で、そのためには「第2種電気工事士」の資格取得をしなければなりません。「第2種電気工事士」の資格を取得しなければ作業自体出来ません。

独立までの目安

要件2:営業許可

1、登録電気工事業許可 
エアコン工事など電気工事を請け負う場合には必要な許可です。 
第2種電気工事士の免状公布から3年間の実務経験が必要となります。 
通常は在住(事務所所在地)する都道府県に許可申請します。 

2、産業廃棄物収集運搬 
リサイクル品、解体の廃棄物を運ぶ必要がある業務を請け負う場合に必要です。 
量販店の業務ではリサイクルがあるために必須となっています。 
許可取得に必要な要件は各都道府県のホームページで案内しており、申請書ひな形もダウンロードできるようになておりますが、稼働予定がある都道府県ごとに許可申請が必要となっております。 

3、フロンガス回収破壊 
フロンガス回収できないエアコンや業務用エアコンなどの撤去時にフロンガスを放出しないよう回収しなければなりません。 
回収したガスを適正に破壊処理するための許可です。 
回収する都道府県ごとに許可が必要となっています。

要件3:設備投資

  • エアコン本体及びリサイクル品が車載可能なワゴンタイプの商用バン
  • 工具、電動工具、測定機器
  • 通信設備(PC,プリンター、FAX)

必要な設備は仕事の種類により異なります。

独立すると「社長」という社会的地位と大きく儲かる可能性を手に入れることが出来ますが、相応のリスクを背負うことも忘れてはいけません。自分に合った正しい選択をして、あとから後悔することが無いようにしてください。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー