空調・電気・住宅設備工事会社

 
 
 

開業サポートのご案内

電気工事の仕事をするためにはいくつかの契約方法があり、いつかは独立して「○○電気」など屋号をつけて仕事をしたいと思う方は多いと思います。
実際、電気工事の業界は「請負」の取引が多く存在しますので需要はたくさんあります。
しかし、ビジネスに関する知識が無く、商売への適正がまったくない方も「工事が出来る」というだけで業者になっていることがあり、失敗して廃業される方も少なくありません。
当社では技術者の育成だけでなく、起業する方にも開業までのサポートや健全経営を行うための指導を行っていますので、この機会に独立される方はお気軽にご相談ください。
電気工事の技術や経験があるが、当社業務に関する家電や空調の経験が少ない方には技術指導から行っていますので、こちらも詳しくはお問い合わせください。

業者契約のためにはまずは開業すること

開業できる条件

1、電気工事業の許可

電気工事業務を請け負うためには電気工事業の許可を得ることが法令で定められています。
・第2種電気工事士の免状交付から3年以上の実務経験が必要
・第1種電気工事士免状保持者
・絶縁抵抗計、接地抵抗計、テスター、3種類の測定器
 

2、設備の用意

・工事車両、ワゴンタイプの商用バン
・工具、電動工具
・通信設備(PC,プリンター、FAX)
 

3、技術力

技術が商品ですので、お客様が納得するプロの技術が必要です。

独立開業後は当社と契約

独立開業後は当社の協力業者として活躍していただけます

当社の開業サポートや技術指導は、当社の協力業者としてご契約いただくためです。
開業後は即当社と契約して業務を開始して頂けます。
新たな営業活動は必要ありません。
 
*他社で仕事をすることを目的とした技術指導含めたサポートは行いません

応募に関する注意

 
応募時に開業できる要件を満たすための条件が揃っている方は協力業者へ応募できます。
許可の取得から工具の斡旋販売など仕事が出来る状態になるまでサポートします。
(許可取得の代行は行えませんのでご了承ください)
 

 
当社ではエアコン工事が出来なければ電気工事の請負契約はしません。

リフォームや住宅設備の専門職は除く)
エアコン工事の勉強が必要な方は「見習い工」として従事して頂けます。
契約は「アルバイト契約」となり、最大期間6ヶ月以内に契約の見込みが有る場合だけとなります。状況により異なりますので詳しくはお問い合わせください。
  

 
契約までに1年以上要する場合は契約社員、または正社員契約の従業員として就業していただきます。基本は契約社員となります。

 

エアコン以外の家電に関する工事以外にも住宅設備など水道関連やネットワーク関連など多くの種類の施工を行っています。
新たな資格の取得や技術の習得も業務をしながら徐々にチャレンジして頂きます
キョーテックスへ問い合わせキョーテックスへ問い合わせ